弁護士の仕事内容とは

弁護士は様々なトラブルに対して、法的手段をよってトラブルを解決する為の代理人になります。
さらに、事件の被告人になった方の弁護者になり、主張や弁護をするという法律のプロです。
この弁護士のお仕事内容は非常に幅広くなっており、期間が長期にわたるものから人命に関わるものまで様々です。
しかし、大きく分けると民事事件と刑事事件の二つに分けることができます。

民事事件の場合は、普段の生活の中で起こるトラブルです。
相続問題、交通事故、金銭貸借などが該当されます。
こういったトラブルにおいて弁護士は和解や示談の交渉、不服申し立て、法律相談などをおこないます。
民間のトラブルにおいて、当事者同士で解決をするのは難しいものがあります。
悪化してしまうことや一方の立場の方が泣き寝入りをしないといけないこともあります。
しかし、弁護士に依頼をすることによって、法律的な根拠に基づき、解決に導きます。

刑事事件では、強盗や傷害などの犯罪を犯し、被疑者や被告人となった方の弁護をおこないます。
こういった方をなぜ弁護するのかというと、冤罪を防止する為です。
弁護する方がいないと、どうしても捜査や証言などで、証拠が何もないまま有罪となってしまうこともあります。
弁護士がいることによって、冤罪を防いで正当な判決を導くようにしています。
弁護士は民事事件や刑事事件を幅広く対応ができ、依頼をする機会がある方も少なくないはずです。
このサイトは弁護士への依頼について説明しています。



≪推奨サイト≫
企業法務一般に対応できる弁護士と顧問契約が結べます ・・・> 企業法務一般